• ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日
  • ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日
  • ニュース
    貧困問題、データで応酬 首相「日本は裕福な国」
    2016年1月19日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    沖縄県の子どもの貧困対策に10億円計上 政府
    2016年2月3日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
    2018年2月6日

新年あけましておめでとうございます。2017年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、yahooニューストップに下記の記事がありましたのでご紹介したいと思います。

2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは

1.生活保護の子供は大学に行っちゃダメ

2.妊娠したら高校退学させられる

3.低所得のひとり親に出される給付金支給が4ヶ月に1回

4.義務教育でもお金がかかりすぎ

5.医療的ケア児は普通に学校に行けない

 

上記5つがあげられている項目です。内容は少し誇張した書き方になっていると思いますが、現在の日本社会の実態、実情ではあるかと思います。感じるのは自分たちが思う以上に、この日本は弱者に厳しい住みにくい社会になっているということ。その最大の問題は、「少子高齢化問題」だと感じます。

高齢化が進む→社会保障が追いつかなくなくなる→高齢者に多額の税金をかける→子供やひとり親に手厚く税金がかけられない→上記のような問題が起こる

この負の連鎖から抜け出さない限りは解決しないのです。

アベノミクス自体を私は否定はしませんが、確実に貧富の差が拡がっていることは間違いないと思います。政府の政策はどうしても短期的な問題解決に力を入れざる負えないのかもしれませんが、これからの未来を担う子供たちにもしっかり投資をしてほしい。少子高齢化から抜け出す政治的大号令を誰かがやらないと、日本は確実に衰退していくでしょう。今のままではオリンピックが終わる2020年以降は、暗黒の時代になると予測している今日この頃です。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...