• ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日
  • ニュース
    家庭より出世のために残業を選ぶ父親たち
    2016年1月5日
  • ニュース
    沖縄県の子どもの貧困対策に10億円計上 政府
    2016年2月3日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • ニュース
    子育てシェアハウスについて
    2016年2月1日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
    2017年1月20日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日

日本の父親たちが育児や家事に関わる時間は、先進国の中でも最低水準ですが、そこにはいくつかの理由があることがわかっています。明治大の藤田結子准教授(社会学)による解説です。

dcc9fa28785c9d84ef347cf78be1261f_s

「男は働いて稼ぐ、女は家を守る」きっちりそういう役割分担がお互いの間でされていて、うまく機能しているのであれば問題は全くないと思います。

ですが、時代は移り変わっており、共働きで家計を支えあっている家庭が多いのではないでしょうか。2012年の国の調査によれば、日本の共働き世帯数の割合は約60%にも達しています。半数を超える家庭がそういった状況なのにも関わらず、育児に積極的に関わる父親は少ない。共働き世帯の70%以上は育児に参加していないという実態が報告されています。

僕は男性のこういった姿勢が少子化問題に多くの影響を与えていると思いますし、母子家庭の増加・貧困を生み出す要因に思えて仕方がない。もっと言えば、仕事を選ばざる得ない環境を職場が作っている可能性もあると思います。

誰しもが望んでなった訳ではありませんが、父子家庭は働きながらも一生懸命子育てをしているイクメン。これからの時代の模範的男性の姿を示していると言っても、僕は大げさではないと思っています。すぐに今までの文化が変わることはありませんが、問題提起をしていくことにより少しづつでも世の中に父子家庭の存在が理解されていけばいいと節に願います。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...
父子家庭 日記
私自身も父子家庭の身ですので、他の父子家庭の皆さんがどうやって生活されているかは非常に興味があり、よくブログを拝見させて頂いております。様々...
父子家庭 日記
父子家庭の再婚活動について書きたいと思います。 シングルパパのみなさん、こんな悩み持っている人いませんか? いずれは再婚したいと思っているけ...
父子家庭 日記
あなたにとっての理想の人物は誰ですか? 職場の上司・偉人・歴史人物・先輩など人それぞれかと思います。私にとっての一番のあこがれの存在は「自分...