• ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 子育て編
    2016年1月7日
  • ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • ニュース
    子どもの貧困対策は国民全体の利益に
    2016年2月13日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日
  • ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日

フィンランドでは、どの自治体にも「ネウボラ」という子育て支援を行う施設がある。ネウボラとは、フィンランド語で“ネウボ(neuvo)=アドバイス”“ラ(la)=場所”という意味。妊娠から出産、子どもが生まれた後も基本的には6歳まで切れ目なくサポートを提供する総合的な支援サービスだ。ネウボラには保健師や助産師がおり、ネウボラで支援をするための特別な教育も受けているそう。

詳細はこちら

皆さんご存知の通り、フィンランドは教育大国と言われているほど子育て支援が充実した国です。イクメンで話題になる日本ですが、フィンランドにはそうした言葉すらありません。「父親が育児をするのが当然」だからです。こうした意識の違いは子供達の教育制度に多大な影響を与えています。

>出生率の低下に悩む先進国の中でも、フィンランドの出生率は1.8(2012年)と比較的高い水準を維持している。一方で、初婚カップルの約3分の1以上が5年後には別離・離婚しているという調査結果もあると高橋先生は話す。さらに、結婚していないカップルでも婚姻カップルと同じような権利が認められるフィンランドでは、未婚で出産する人も少なくない。それでも、親の関係が出生率や子どもの育成に直結した問題にならないのは、こうした支援があまねく誰にも無料で提供されること、社会保障が適切に機能しているからにほかならない。

>「家庭の事情で子どもの人生の選択肢が奪われるような状況は回避しなくてはいけません。日本では、先にリスクを想定し、それをどう回避するかという考え方で子育て支援などが組み立てられている場合が多いです。しかしフィンランドでは、子育ての入り口から全体を見て切れ目なく支援をしていくことで、後々起こりうるリスクや事件を回避できるようにしているのです。日本の大きな問題となっている子育てしている母親の孤立も、フィンランドでは出産前から続く支援をするネウボラがあるので起こりにくい問題です」

更にフィンランドは国公立なら大学まで無料で通うこともできます。

日本で大きな社会問題化していることが、世界のある国では問題化せずうまく機能している成功事例があるのです。

しかも、フィンランドは戦後日本の教育制度を習い、その後独自に改革を推し進めて今があります。原型は似たところからのスタートなのです。

だからこそ、ちょっとしたきっかけで今の問題は良い方向に解決していけるのではないかと個人的に考えています。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...
ニュース
政府は1日、沖縄県が抱える子どもの貧困問題に関し、県、市町村と意見交換する初の会合を那覇市内で開いた。島尻安伊子沖縄担当相は「現状は非常に深...
父子家庭 日記
ひとり親となると、あらゆることを自分のチカラで乗り越えていかなければなりません。しかし、どれだけ効率化を図っても、1日の時間は24時間と決ま...