• ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • 父子家庭 日記
    親子共同作業のすすめ 家事編
    2016年2月2日
  • ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 子供達の成長
    2017年1月17日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • ニュース
    子育てシェアハウスについて
    2016年2月1日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • 父子家庭 日記
    サイト立ち上げにあたりまして。
    2015年11月29日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日

両親のどちらかがいない家庭も数多くあります。離婚や死別で母子家庭や父子家庭になるケース、あるいは未婚のシングルペアレントのケースは珍しくありません。また、夫婦仲が悪いための別居や“家庭内別居”、あるいは、どちらかの親の単身赴任などの事情で、事実上“ひとり親”家庭の子育てになっている場合も少なくないでしょう。

続きはこちら

読売新聞オンラインより抜粋。結構良いことが書かれているので、ひとり親の方にはぜひ読んでほしいです。

school_taibatsu

>>“ひとり親”は日頃から内心、「ひとり親家庭は、両親そろった『普通の家庭』に劣るのではないか」と思い、「理想の家族」に近づけようとして、「こうあるべき」に縛られてしまう傾向にあると、私たちは感じています。

この部分、本質的なところを突いていると思います。

>>親がひとりで子どもに対処しようとすると、どうしても大人モデルが限定されがちです。それを真面目な親ほど自覚するため、「一人二役」をがんばろうとしてしまいます。その結果、どんなことが起きるのか。頑張りすぎた結果として、「お父さんでもお母さんでもなくなってしまう」ことも少なくありません。

子供がどう感じるか?をしっかり考えて接していかないといけませんね。バランスの取り方が凄く難しいと思います。子供の年齢や成長具合に応じた適切な距離感で、いつでも喜怒哀楽を共有できるような関係でいることが重要だと思いました。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
父子家庭 日記
2015年もいよいよ年の瀬。 クリスマスがやってきました。 皆さんどのように過ごされるのでしょうか。 お子さんと。家族と。友人同僚と。大切な...
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...
父子家庭 日記
何か特別な事情がない限り、いつまでも父子家庭のままでいい、もう恋愛はしないという方はあまりいないと思います。しかし、現実は子育てや仕事で自分...
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...