• ニュース
    「ひとり親を救え!」運動はなぜ炎上したのか
    2016年2月9日
  • ニュース
    放置せず、継続的な支援を 貧困家庭の子供の教育
    2016年5月13日
  • ニュース
    母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
    2017年1月12日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    父子家庭 子供と一緒に過ごす時間
    2016年1月6日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • 父子家庭 日記
    サイト立ち上げにあたりまして。
    2015年11月29日
  • ニュース
    男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?
    2016年2月20日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日

愛媛県の松山市は28日までに、8月1日時点のひとり親家庭の実態調査結果をまとめた。平均年収が低い家庭では、経済的理由から子どもの進学を諦める傾向があり、子どもの学習支援や親の就業支援の必要性が浮き彫りになった。続きはこちら

gakkari_tameiki_man

記事内にあるデータでは、2014年の平均就労収入は、母子家庭で184万9千円、父子家庭で232万円とあります。当然ですが、この収入では子供を私立高校や大学に行かせることは金銭的に非常に困難でしょう。ちなみに私は受験生の子を持つ親で、私立高校に子供を入学させた場合の金銭的シュミレーションを何度かしていますが、いろいろな諸経費を合わせると月間で約10万円近いランニングコストが発生します。当然最初の入学金や制服等に掛かる経費は別です。年間所得が200万前後の家庭がこの金額を支払っていくのはほぼ不可能に近いです。

大学になると更にお金は掛かります。国立大学で自宅外から通った場合だと、4年間で約800万円もの経費が掛かります。私立大学だともっと多くなるでしょう。

奨学金制度等を活用したとしても全ての子供にそれが行き届くわけではないですから、記事の通り進学を諦めざる得ない子供たちが出てくる。これは社会的構造が根本的な問題なのです。

日本の未来を支える子供たちがこういった状況なのです。国・自治体だけでなく、大人全員が真剣にどうすれば課題を改善していけるか考えていかなければならないのではないでしょうか。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
人間ってホントメンタルの生き物だなって、最近つくづく思います。 自分の周りでは生きている間、様々な出来事が起きますが、起きること全てにおいて...
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...
ニュース
政府は1日、沖縄県が抱える子どもの貧困問題に関し、県、市町村と意見交換する初の会合を那覇市内で開いた。島尻安伊子沖縄担当相は「現状は非常に深...
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...