• 父子家庭 日記
    父子家庭ブログを拝見して思うこと
    2016年1月11日
  • ニュース
    子どもの貧困対策など協議 研究者ら協議会発足
    2015年12月21日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • ニュース
    神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
    2017年1月20日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親家庭のクリスマス
    2015年12月24日
  • ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日

愛媛県の松山市は28日までに、8月1日時点のひとり親家庭の実態調査結果をまとめた。平均年収が低い家庭では、経済的理由から子どもの進学を諦める傾向があり、子どもの学習支援や親の就業支援の必要性が浮き彫りになった。続きはこちら

gakkari_tameiki_man

記事内にあるデータでは、2014年の平均就労収入は、母子家庭で184万9千円、父子家庭で232万円とあります。当然ですが、この収入では子供を私立高校や大学に行かせることは金銭的に非常に困難でしょう。ちなみに私は受験生の子を持つ親で、私立高校に子供を入学させた場合の金銭的シュミレーションを何度かしていますが、いろいろな諸経費を合わせると月間で約10万円近いランニングコストが発生します。当然最初の入学金や制服等に掛かる経費は別です。年間所得が200万前後の家庭がこの金額を支払っていくのはほぼ不可能に近いです。

大学になると更にお金は掛かります。国立大学で自宅外から通った場合だと、4年間で約800万円もの経費が掛かります。私立大学だともっと多くなるでしょう。

奨学金制度等を活用したとしても全ての子供にそれが行き届くわけではないですから、記事の通り進学を諦めざる得ない子供たちが出てくる。これは社会的構造が根本的な問題なのです。

日本の未来を支える子供たちがこういった状況なのです。国・自治体だけでなく、大人全員が真剣にどうすれば課題を改善していけるか考えていかなければならないのではないでしょうか。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
未分類
社会問題化している「偽装離婚」。ひとり親家庭の方でしたら大多数の方がご存知で、そうでない方も言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本...
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...