• 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日
  • ニュース
    がんばり過ぎるな“ひとり親”
    2016年2月15日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日

安倍晋三首相は十八日の参院予算委員会で、小池晃氏(共産)が経済的な格差が広がって困窮する人が増えていると指摘したのに対し、「日本が貧困かと言えば、決してそんなことはない」と反論した。

続きはこちら

いろいろな角度からこの問題を見ていかないと正確な判断は難しいです。日本はGDPの高い国で世界の他の国の人々から見れば裕福なのかもしれません。でも現実、経済格差やそれによる教育格差によって未来を担う子供の環境が悪化しているのは事実です。児童扶養手当や保育園の無償化を拡充する施策を政府は16年度予算案に盛り込んでいますが、もっと構造的な改革を推し進めないと実際の国民が実感するレベルで変化を感じることはないでしょう。

でもそれができないのが今の日本。何故かというと、子供以上に年配・お年寄りにお金がかかるから。そしてそちらの層の支持を失うと選挙で勝てない。だからそっちに比重を置く。この負の連鎖をどうにかしないとどうにもならない。

簡単に言えることじゃないのかもしれないけど…。選挙権は定年まででいいような気がするけどな~。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
父子家庭 日記
父子家庭、母子家庭の方が、子育て支援やその他悩みを気軽に相談できたりする場所があるのをご存知でしょうか? 例えば神奈川県川崎市を例に挙げると...
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...