大阪市は28日、貧困家庭の子供の学習意欲の向上や居場所づくりなどを進めるため、平成29年度予算案に2億2千万円の事業費を計上する方針を明らかにした。今年6~7月に小学5年、中学2年の児童生徒と保護者を対象に実施した貧困実態調査の結果を受けた措置で、民間事業者のノウハウも活用する。

詳細はこちら

illust2311

大阪は生活保護需給者も多く、吉村市長以前の橋下市長時代から「未来への投資」に力を入れてきた地域です。橋下さん以前は未だに学校給食もなく、冷暖房設備も整っていなかったんですよね。お年寄りは敬老パスで地下鉄・バス乗り放題だったのに…。そこの改革は個人的に凄く応援していて、吉村市長もその意思を継いで政治行政を行っていることを嬉しく感じます。私は大阪市民じゃないんですけどね(笑)

もうちょっとメディアがしっかり取り上げてほしい話題ですよね。芸能人の不倫とかどうでもいいので。