• 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • 父子家庭 日記
    サイト立ち上げにあたりまして。
    2015年11月29日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日
  • ニュース
    子どもの貧困対策は国民全体の利益に
    2016年2月13日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日

大阪市は28日、貧困家庭の子供の学習意欲の向上や居場所づくりなどを進めるため、平成29年度予算案に2億2千万円の事業費を計上する方針を明らかにした。今年6~7月に小学5年、中学2年の児童生徒と保護者を対象に実施した貧困実態調査の結果を受けた措置で、民間事業者のノウハウも活用する。

詳細はこちら

illust2311

大阪は生活保護需給者も多く、吉村市長以前の橋下市長時代から「未来への投資」に力を入れてきた地域です。橋下さん以前は未だに学校給食もなく、冷暖房設備も整っていなかったんですよね。お年寄りは敬老パスで地下鉄・バス乗り放題だったのに…。そこの改革は個人的に凄く応援していて、吉村市長もその意思を継いで政治行政を行っていることを嬉しく感じます。私は大阪市民じゃないんですけどね(笑)

もうちょっとメディアがしっかり取り上げてほしい話題ですよね。芸能人の不倫とかどうでもいいので。

 

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
未分類
皆様、新年あけましておめでとうございます! 2016年、スタートしましたね! 昨年年末にかけて、ひとり親家庭に関する貧困へ向けての支援に対し...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
父子家庭 日記
私が現状感じていることを書かせて頂きます。 父子家庭と母子家庭について。社会的な制度や補助はかなり一律になってきたと思います。しかし、職場内...
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...