• ニュース
    母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
    2017年1月12日
  • 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • ニュース
    国会議員「育児休暇」へ
    2015年12月23日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日
  • ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日
  • ニュース
    シングルが住みやすい街は? 引越しするときにチェックしたいポイント
    2016年1月28日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日

大学の研究者や民間の支援団体などでつくる「県子どもの貧困対策連絡協議会」が20日、発足した。子どもの貧困には経済のほか教育、福祉など様々な分野がかかわることから、日向市出身で大阪市立大特別研究員の志賀信夫さん(社会学)が社会福祉学や犯罪社会学の専門家などにも参加を呼びかけた。各地の情報を交換し、子どもが貧困に陥る原因や対策について考える。続きはこちら

 

こういった専門家が入って協議してもらうことは大いに結構だと思いますが、机上の空論はいりません。しっかり現場を見て、本当に困っている人の意見を吸い上げて対策を考えないと意味がないです。社会構造的な議論は長期的視野で改善すべきことですから、短期的視野での課題としっかり分けて考えてほしいですね。

しかし、各地でこういった動きが見えてきていることに関しては評価したいですし、期待もしたい。今後の動向に注目していきます。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...
父子家庭 日記
父子・母子家庭、ひとり親というとネガティブな話題が多いですね。ポジティブな話題を発信しようと思い、いろいろネットを検索していましたが……本当...
ニュース
近年の需要が高まり流行になっているシェアリング。 シェアハウス、カーシェアリング、ワークシェアリングなど身近なワードになってきていますが、ひ...
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...
ニュース
日本列島が強烈な寒波で厳しい寒さの中、面白いTwitter画像が注目を集めているのでご紹介します。 投稿したのは、学年末アンド検定(はの)さ...