• 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • 父子家庭 日記
    心に響いた言葉
    2015年12月8日
  • ニュース
    父子家庭 子供と一緒に過ごす時間
    2016年1月6日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日

大学の研究者や民間の支援団体などでつくる「県子どもの貧困対策連絡協議会」が20日、発足した。子どもの貧困には経済のほか教育、福祉など様々な分野がかかわることから、日向市出身で大阪市立大特別研究員の志賀信夫さん(社会学)が社会福祉学や犯罪社会学の専門家などにも参加を呼びかけた。各地の情報を交換し、子どもが貧困に陥る原因や対策について考える。続きはこちら

 

こういった専門家が入って協議してもらうことは大いに結構だと思いますが、机上の空論はいりません。しっかり現場を見て、本当に困っている人の意見を吸い上げて対策を考えないと意味がないです。社会構造的な議論は長期的視野で改善すべきことですから、短期的視野での課題としっかり分けて考えてほしいですね。

しかし、各地でこういった動きが見えてきていることに関しては評価したいですし、期待もしたい。今後の動向に注目していきます。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...
未分類
皆様、新年あけましておめでとうございます! 2016年、スタートしましたね! 昨年年末にかけて、ひとり親家庭に関する貧困へ向けての支援に対し...