• ニュース
    子どもの貧困で沖縄と意見交換=政府
    2015年12月6日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日
  • ニュース
    家庭より出世のために残業を選ぶ父親たち
    2016年1月5日
  • ニュース
    「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案
    2015年12月7日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 子育て編
    2016年1月7日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日

大学の研究者や民間の支援団体などでつくる「県子どもの貧困対策連絡協議会」が20日、発足した。子どもの貧困には経済のほか教育、福祉など様々な分野がかかわることから、日向市出身で大阪市立大特別研究員の志賀信夫さん(社会学)が社会福祉学や犯罪社会学の専門家などにも参加を呼びかけた。各地の情報を交換し、子どもが貧困に陥る原因や対策について考える。続きはこちら

 

こういった専門家が入って協議してもらうことは大いに結構だと思いますが、机上の空論はいりません。しっかり現場を見て、本当に困っている人の意見を吸い上げて対策を考えないと意味がないです。社会構造的な議論は長期的視野で改善すべきことですから、短期的視野での課題としっかり分けて考えてほしいですね。

しかし、各地でこういった動きが見えてきていることに関しては評価したいですし、期待もしたい。今後の動向に注目していきます。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...
ニュース
両親のどちらかがいない家庭も数多くあります。離婚や死別で母子家庭や父子家庭になるケース、あるいは未婚のシングルペアレントのケースは珍しくあり...
父子家庭 日記
父子家庭の再婚活動について書きたいと思います。 シングルパパのみなさん、こんな悩み持っている人いませんか? いずれは再婚したいと思っているけ...