• ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • ニュース
    神奈川県 ひとり親家庭 年収200万円未満44% 預貯金ゼロ33%
    2015年12月9日
  • ニュース
    「ひとり親を救え!」運動はなぜ炎上したのか
    2016年2月9日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日
  • ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    ひとり親に時間の貧困 育児や仕事に追われる
    2016年1月4日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親家庭のクリスマス
    2015年12月24日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日

東京都内の自治体がひとり親家庭への支援を強化している。江戸川区は家庭教師を派遣し暮らしぶりのチェックに役立てるほか、足立区は親が気軽に情報交換できる場を設ける。家庭状況の把握に一歩踏み込み、自立を後押しする狙い。

詳細はこちら

貧困による教育格差は確実に存在します。

どこまで効果的かはわかりませんが、きちんと道筋を整理してほしいです。仮に家庭教師を派遣して子供の学力アップに繋がったとしても、その次のステップは?高校無償化になっているとはいえ、授業料以外にも多額のお金が掛かるのが現実。全てを支援する必要はないですが、どこまでやるかの線引きはしないといけない。

目標とするのは「ひとり親の自立」「格差の是正」。親が楽するための支援にならないようにしてほしいですね。その為には、ひとり親の意識改革セミナーなども必要かもしれません。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...
父子家庭 日記
父子家庭、母子家庭の方が、子育て支援やその他悩みを気軽に相談できたりする場所があるのをご存知でしょうか? 例えば神奈川県川崎市を例に挙げると...
ニュース
両親のどちらかがいない家庭も数多くあります。離婚や死別で母子家庭や父子家庭になるケース、あるいは未婚のシングルペアレントのケースは珍しくあり...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...