県は生活困窮の割合が比較的高い「ひとり親家庭」を対象に、現状と対策を探る今年度のアンケート調査を行い、結果を公表した。年収200万円未満の世帯は4割を超え、依然として厳しい生活実態が浮き彫りになった。

詳細はこちら

images

神奈川県の調査になります。これはシングルマザーも含めた値になります。ちなみに父子家庭で見ると、

父子家庭世帯の平均年収:455万円、父親自身の平均年収:380万円

※平成22年厚労省発表 全国平均値

世間一般の平均年収が412万円ですので、ほぼニアな数字です。なので、「ひとり親だから収入が厳しい」と考えるよりも、「男女の雇用環境」や「正規・非正規雇用」に問題があると考えるのが妥当です。

なので、この記事のタイトルはちょっと的外れというか…誤解を与えるのではないかと思います。父子家庭の場合は、金額的な部分はまだ平均水準である一方で、「子育てと仕事の両立」が大きな課題です。

年収も平均以上を保ち子育てもしっかり時間をかけて行うには、やはりひとり親は今の日本の社会環境では非常に難しいのでしょう。どちらかにしわ寄せがいってしまうのがリアルな姿かと思います。

私もこの先の人生を考え思い切った決断(例えば独立など)をしたいと考えたこともありますが、子供達のことを考えると大きなリスクを負うことは難しい。そういった側面も収入に少し関連しているかもしれませんね。