• ニュース
    子どもの貧困対策など協議 研究者ら協議会発足
    2015年12月21日
  • ニュース
    沖縄県の子どもの貧困対策に10億円計上 政府
    2016年2月3日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日
  • ニュース
    家庭より出世のために残業を選ぶ父親たち
    2016年1月5日
  • ニュース
    父子家庭 子供と一緒に過ごす時間
    2016年1月6日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日

 県は、子どもの貧困対策を進めるにあたり、ひとり親家庭の現状を把握するためのアンケートを初めて行い、結果を発表した。回答者のうち年収が二百万円未満の世帯が四割以上、預貯金が全くない世帯が約三割を占めるなど、経済的に切実な状況が浮かび上がった。

 県内の約六万二千のひとり親世帯(児童扶養手当受給者)を対象に、八月に実施。市町村を通じて案内を配布し、インターネットで答えてもらう方式で、六百五十一人から回答があった。

 集計結果によると、過去一年の年収は「百万~二百万円未満」と答えた人が35・7%と最も多く、次いで「二百万~三百万円未満」が30・4%だった。「百万円未満」も8・7%あり、二百万円未満は44・4%に上った。

続きはこちら

bsN612_ekinoho-muwoarukuoyako

神奈川県の調査ですが、他の都道府県にも当てはまる数値なのではないでしょうか。アンケート対象者の50%超がパート・アルバイト・非正規雇用で働いている実態。とにかく今の世の中は弱者に対しての扱いが酷く、強者に甘い実態。どこまで補助するかの線引きが非常に難しいが、ひとり親が安心して働ける環境整備は絶対やっていかなくてはならないと感じます。今のままでは日本の未来を担っていく子供達が増えないし、どんどん少子高齢化が加速する一方です。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
ニュース
近年の需要が高まり流行になっているシェアリング。 シェアハウス、カーシェアリング、ワークシェアリングなど身近なワードになってきていますが、ひ...
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
父子家庭 日記
あなたにとっての理想の人物は誰ですか? 職場の上司・偉人・歴史人物・先輩など人それぞれかと思います。私にとっての一番のあこがれの存在は「自分...
父子家庭 日記
最近あるサイトを見て、心に響いた言葉があります。 苦しんで初めて自分の弱さを知る 悩んで初めてやるべきことを知る 泣いて初めて強くなることを...