• ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 恋愛編
    2016年1月10日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • ニュース
    ひとり親に時間の貧困 育児や仕事に追われる
    2016年1月4日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • ニュース
    子どもの貧困で沖縄と意見交換=政府
    2015年12月6日

 県は、子どもの貧困対策を進めるにあたり、ひとり親家庭の現状を把握するためのアンケートを初めて行い、結果を発表した。回答者のうち年収が二百万円未満の世帯が四割以上、預貯金が全くない世帯が約三割を占めるなど、経済的に切実な状況が浮かび上がった。

 県内の約六万二千のひとり親世帯(児童扶養手当受給者)を対象に、八月に実施。市町村を通じて案内を配布し、インターネットで答えてもらう方式で、六百五十一人から回答があった。

 集計結果によると、過去一年の年収は「百万~二百万円未満」と答えた人が35・7%と最も多く、次いで「二百万~三百万円未満」が30・4%だった。「百万円未満」も8・7%あり、二百万円未満は44・4%に上った。

続きはこちら

bsN612_ekinoho-muwoarukuoyako

神奈川県の調査ですが、他の都道府県にも当てはまる数値なのではないでしょうか。アンケート対象者の50%超がパート・アルバイト・非正規雇用で働いている実態。とにかく今の世の中は弱者に対しての扱いが酷く、強者に甘い実態。どこまで補助するかの線引きが非常に難しいが、ひとり親が安心して働ける環境整備は絶対やっていかなくてはならないと感じます。今のままでは日本の未来を担っていく子供達が増えないし、どんどん少子高齢化が加速する一方です。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...