• ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    子どもの貧困対策は国民全体の利益に
    2016年2月13日
  • 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • 健康
    【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
    2018年2月3日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭に対する世間の目
    2016年1月3日

子どもの貧困率の高さにおいて、先進国の中では抜きん出る日本。背景にある、ひとり親世帯の困窮状況を改善するため、子どもが2人以上の世帯に支給される「児童扶養手当」の増額を訴えるキャンペーンがスタートしました。すると、意外なところから反対の声が上がりました。

続きはこちら

この記事を見て私が思うこと。それは「人間は感情の生き物である」ということです。

心理学的に証明されていることですが、感情は人間の行動の最大の動機となるものです。喜怒哀楽の感情が直接的に人間を動かします。理屈でわかっていても感情が優先されてしまう経験は誰でもあるはず。

なので、「父子家庭」「母子家庭」「ひとり親」といっても、収入や環境も全く違う、価値観も違う。結婚して二人でいるよりも、ひとり親のほうが幸せな人もいるでしょう。大事なのは、難しいでしょうがそれぞれの環境に合わせたきめ細かい支援です。

膨大なデータを蓄積・分析しルール化。専門の相談員を育成して、直接的なお金による支援でなく具体的な公共サービス支援や物資支援等に特化すべきではないでしょうか。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
湘南モノレールの目白山下駅敷地内にこのほど、小規模保育施設が開園した。同社が敷地の提供、施設の建設を行い、地元NPOが運営を担うもの。駅敷地...
ニュース
国会で、2016(平成28)年度予算案の審議が進んでいます。論戦の中で焦点の一つとなっているのが、子どもの貧困対策です。単に当事者だけの問題...
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...
父子家庭 日記
父子家庭の再婚活動について書きたいと思います。 シングルパパのみなさん、こんな悩み持っている人いませんか? いずれは再婚したいと思っているけ...