• ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 親子旅のすすめ
    2016年1月29日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • ニュース
    男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?
    2016年2月20日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 子供達の成長
    2017年1月17日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭に対する世間の目
    2016年1月3日

子どもの貧困率の高さにおいて、先進国の中では抜きん出る日本。背景にある、ひとり親世帯の困窮状況を改善するため、子どもが2人以上の世帯に支給される「児童扶養手当」の増額を訴えるキャンペーンがスタートしました。すると、意外なところから反対の声が上がりました。

続きはこちら

この記事を見て私が思うこと。それは「人間は感情の生き物である」ということです。

心理学的に証明されていることですが、感情は人間の行動の最大の動機となるものです。喜怒哀楽の感情が直接的に人間を動かします。理屈でわかっていても感情が優先されてしまう経験は誰でもあるはず。

なので、「父子家庭」「母子家庭」「ひとり親」といっても、収入や環境も全く違う、価値観も違う。結婚して二人でいるよりも、ひとり親のほうが幸せな人もいるでしょう。大事なのは、難しいでしょうがそれぞれの環境に合わせたきめ細かい支援です。

膨大なデータを蓄積・分析しルール化。専門の相談員を育成して、直接的なお金による支援でなく具体的な公共サービス支援や物資支援等に特化すべきではないでしょうか。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
こんばんは!お久しぶりです。 しばらく更新できていませんでしたが、また少しづつ再開していきますのでよろしくお願いします! 2018年 新しい...
父子家庭 日記
「世間の目」これに悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。 ひとり親に対する世間の目。以前よりは認知が広がってきていますが、未だに「ひとり親...
父子家庭 日記
あなたにとっての理想の人物は誰ですか? 職場の上司・偉人・歴史人物・先輩など人それぞれかと思います。私にとっての一番のあこがれの存在は「自分...