• 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • ニュース
    子供貧困解消に政府が更に動く 職業訓練支援
    2015年12月23日
  • ニュース
    子育てシェアハウスについて
    2016年2月1日
  • ニュース
    がんばり過ぎるな“ひとり親”
    2016年2月15日
  • ニュース
    国会議員「育児休暇」へ
    2015年12月23日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親家庭のクリスマス
    2015年12月24日
  • ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 子育て編
    2016年1月7日
  • ニュース
    沖縄県の子どもの貧困対策に10億円計上 政府
    2016年2月3日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日

子どもの貧困率の高さにおいて、先進国の中では抜きん出る日本。背景にある、ひとり親世帯の困窮状況を改善するため、子どもが2人以上の世帯に支給される「児童扶養手当」の増額を訴えるキャンペーンがスタートしました。すると、意外なところから反対の声が上がりました。

続きはこちら

この記事を見て私が思うこと。それは「人間は感情の生き物である」ということです。

心理学的に証明されていることですが、感情は人間の行動の最大の動機となるものです。喜怒哀楽の感情が直接的に人間を動かします。理屈でわかっていても感情が優先されてしまう経験は誰でもあるはず。

なので、「父子家庭」「母子家庭」「ひとり親」といっても、収入や環境も全く違う、価値観も違う。結婚して二人でいるよりも、ひとり親のほうが幸せな人もいるでしょう。大事なのは、難しいでしょうがそれぞれの環境に合わせたきめ細かい支援です。

膨大なデータを蓄積・分析しルール化。専門の相談員を育成して、直接的なお金による支援でなく具体的な公共サービス支援や物資支援等に特化すべきではないでしょうか。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...
未分類
社会問題化している「偽装離婚」。ひとり親家庭の方でしたら大多数の方がご存知で、そうでない方も言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本...