• ニュース
    神奈川知事 子供の貧困「連鎖断ち切る」
    2015年12月28日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日
  • ニュース
    「子どもの貧困」撲滅へ支援拡充 ソーシャルスクールワーカー増員へ
    2016年1月6日
  • ニュース
    国会議員「育児休暇」へ
    2015年12月23日
  • ニュース
    「ひとり親を救え!」運動はなぜ炎上したのか
    2016年2月9日
  • ニュース
    不倫疑惑の宮崎議員 辞職表明
    2016年2月12日
  • 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • ニュース
    家庭より出世のために残業を選ぶ父親たち
    2016年1月5日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯4 努力は人を裏切らないは誤り?
    2018年2月7日

子どもの貧困率の高さにおいて、先進国の中では抜きん出る日本。背景にある、ひとり親世帯の困窮状況を改善するため、子どもが2人以上の世帯に支給される「児童扶養手当」の増額を訴えるキャンペーンがスタートしました。すると、意外なところから反対の声が上がりました。

続きはこちら

この記事を見て私が思うこと。それは「人間は感情の生き物である」ということです。

心理学的に証明されていることですが、感情は人間の行動の最大の動機となるものです。喜怒哀楽の感情が直接的に人間を動かします。理屈でわかっていても感情が優先されてしまう経験は誰でもあるはず。

なので、「父子家庭」「母子家庭」「ひとり親」といっても、収入や環境も全く違う、価値観も違う。結婚して二人でいるよりも、ひとり親のほうが幸せな人もいるでしょう。大事なのは、難しいでしょうがそれぞれの環境に合わせたきめ細かい支援です。

膨大なデータを蓄積・分析しルール化。専門の相談員を育成して、直接的なお金による支援でなく具体的な公共サービス支援や物資支援等に特化すべきではないでしょうか。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
支援情報
ひとり親というだけで非常に大きい負担がかかりますから、たまの息抜きは非常に重要です。仕事上手な人は息抜き上手と言われるくらい、実は息抜きは大...
父子家庭 日記
親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」な...
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...