• ニュース
    ひとり親が働いても貧困から抜け出せない現実
    2016年1月2日
  • ニュース
    放置せず、継続的な支援を 貧困家庭の子供の教育
    2016年5月13日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の再婚について
    2015年12月6日
  • ニュース
    神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
    2017年1月20日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の悩み 仕事との両立
    2015年11月30日
  • 父子家庭 日記
    子育て 夢の描き方
    2018年1月26日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日
  • ニュース
    子どもの貧困で沖縄と意見交換=政府
    2015年12月6日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日

吉村美栄子知事は12日、2016年度予算案の県議会への内示後、臨時記者会見に臨み、思い入れのある施策として、自らが提唱し主導してきた森林資源を地域活性化に生かす「やまがた森林(モリ)ノミクス」のほか、新たに始める一人親家庭へのパッケージ型支援を挙げた。

詳細はこちら

friends_mamatomo

内容についてですが、

児童扶養手当の活用や養育費確保など「基礎的支援」から始まり、妊娠から子育てまで切れ目ない支援や親の学び直し、公共住宅の優先入居など「生活支援プログラム」に段階的に移行。最終的に、公共職業訓練を活用した親の資格習得など「自立応援プログラム」につなぐ。

というもの。

どのような支援があるのかわからない、何から始めればいいかわからないといった自立できていないひとり親がいることは否めません。そして、そのことが将来を担う子供に大きな影響を及ぼしているので貧困対策は必須なのです。

しかし、各家庭で置かれた立場が全く違うので、相談員を設けてそれぞれに合った支援の形に結び付けていくことは素晴らしい施策でしょう。

問題はこうした支援があることをどうひとり親家庭に認知させるか、山形県内だけで5000世帯あるひとり親家庭に対してどこまで支援が行き届くのか、どう優先順位をつけるのか、相談員のキャパシティーがもつのか。

今後の動向を見守っていきたいと思います。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
人間ってホントメンタルの生き物だなって、最近つくづく思います。 自分の周りでは生きている間、様々な出来事が起きますが、起きること全てにおいて...
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...