• 父子家庭 日記
    父子家庭 親子旅のすすめ
    2016年1月29日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • ニュース
    安倍首相、イクメン問題で自身の賛否を明言せず
    2016年1月13日
  • 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日
  • ニュース
    母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
    2017年1月12日
  • ニュース
    男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?
    2016年2月20日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日
  • 父子家庭 日記
    親子共同作業のすすめ 家事編
    2016年2月2日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日

ひとり親というだけで非常に大きい負担がかかりますから、たまの息抜きは非常に重要です。仕事上手な人は息抜き上手と言われるくらい、実は息抜きは大事なポイントだと考えます。

息抜きってそもそも何?

この解釈は人によって多少違うと思いますが、私は「ストレスとうまく付き合っていく手段」と考えています。ストレスを全く感じることなく生活していける人間はほとんどいないでしょう。そして自分の身の回りで良いことばかりが起きる訳でもありません。ストレス社会の中で、且つひとり親でうまく生きていくためには絶対上手な息抜きは必要不可欠なのです。

business_karoushi

どうすれば息抜きになるのか?

これも人により解釈が違いますし、感じ方も違います。ただ、共通すると思うキーワードがあります。それは「頭を切り替える」ということ。心地よい音楽を聴いたり、映画を見て笑ったり泣いたり、スポーツで身体を動かして発散したりして息抜きするのは、楽しいことをして頭を切り替えるためなのです。

また、職場・家庭といった「日常」を少し離れるだけでも息抜きになります。私はいつもの通勤ルートを敢えて変えて行くことがありますが、これだけでもちょっとした「非日常」なのです。

息抜きするためには?

息抜きするために絶対必要なのが「時間」です。または、「時間をうまく使うこと」です。時間がないと感じる方は、自分の普段の行動パターンを把握しマネジメントする必要があります。ちなみにどんなに忙しい日本人でも、1日で無駄に過ごしている時間を全て合わせると1時間弱あるという統計データもあります。

ちょっとした工夫で、あなたのための有意義な時間は作れる可能性があるのです。

  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
  • 【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
  • 有効的な時間の作り方
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...
父子家庭 日記
人間ってホントメンタルの生き物だなって、最近つくづく思います。 自分の周りでは生きている間、様々な出来事が起きますが、起きること全てにおいて...
ニュース
湘南モノレールの目白山下駅敷地内にこのほど、小規模保育施設が開園した。同社が敷地の提供、施設の建設を行い、地元NPOが運営を担うもの。駅敷地...
父子家庭 日記
私が現状感じていることを書かせて頂きます。 父子家庭と母子家庭について。社会的な制度や補助はかなり一律になってきたと思います。しかし、職場内...