女性タレントとの不倫疑惑を週刊文春に報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員=京都3区=が12日午前、国会内で記者会見し「信なくば立たず。国会議員のはしくれとして、自らが主張してきたことと軽率な行動のつじつまが合わないことを深く反省し、議員辞職をする決意を固めた」と述べ、議員を辞職する考えを示した。(産経新聞)

続きはこちら

このサイトでもイクメン国会議員について応援する内容の記事を書きましたが、こうなってしまっては話が変わってきます。というか、イクメンや育児休暇についての話題が完全に国会議員の不倫のイメージにすり替わってしまいました。この人の犯した罪は非常に大きい。最低な行動しておいて、育児休暇を訴えるとか…どの口が言えるんだ?と思う人が大半でしょうね。私もその一人です。

責任をとって議員辞職するそうですが、また大きくなって戻ってこれれば…と言っているようです。正直政治家としては戻ってこないでほしい。違った形で頑張ってください。