• ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • 未分類
    偽装離婚について
    2016年1月12日
  • 父子家庭 日記
    子育て 夢の描き方
    2018年1月26日
  • ニュース
    「ひとり親を救え!」運動はなぜ炎上したのか
    2016年2月9日
  • ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日
  • 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • ニュース
    貧困問題、データで応酬 首相「日本は裕福な国」
    2016年1月19日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    がんばり過ぎるな“ひとり親”
    2016年2月15日

時事通信の2月の世論調査で、男性国会議員が育児休暇を取得することの是非について聞いたところ、「支持しない」が53.2%と過半数を占め、「支持する」の39.4%を上回った。育休取得を宣言していた宮崎謙介前衆院議員(議員辞職、自民党を離党)の不倫問題が響き、議員の育休への共感が広がらなかったとみられる。

0160212at21_p

続きはこちら

国会議員の休業の在り方については賛否両論あったのですが、この議員のせいで育休に変なマイナスイメージがついてしまったのは本当に残念でなりません。不倫問題とは切り離して考えてほしいところですが、なかなかそうはいかないでしょうね…。イメージ・印象というフワッとしたもので大半の意見・世論は形成されてしまうのはいつの時代もそうなので仕方ない。

ただ世の中の理解が深まっていくためにはこうした場での情報発信は欠かせません。ひとり親やその子供たち・各家庭の現状を発信し、何が必要とされているのか。今後もブログで発信していきたいと思います。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
国会で、2016(平成28)年度予算案の審議が進んでいます。論戦の中で焦点の一つとなっているのが、子どもの貧困対策です。単に当事者だけの問題...
ニュース
両親のどちらかがいない家庭も数多くあります。離婚や死別で母子家庭や父子家庭になるケース、あるいは未婚のシングルペアレントのケースは珍しくあり...
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...