• 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • 父子家庭 日記
    サイト立ち上げにあたりまして。
    2015年11月29日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • ニュース
    放置せず、継続的な支援を 貧困家庭の子供の教育
    2016年5月13日
  • ニュース
    未婚一人親世帯も「みなし適用」
    2016年5月11日
  • ニュース
    子どもの貧困で沖縄と意見交換=政府
    2015年12月6日
  • 父子家庭 日記
    メンタルを健康に保つということ
    2015年12月22日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭に対する世間の目
    2016年1月3日

政府は、「パパママ育休プラス」を導入するなど、男性の育児休業を促すための対策を進めてきました。それにもかかわらず、大多数の父親が制度を利用しないのはなぜでしょうか。いくつかの理由が指摘されています。

続きはこちら

育休を取得する父親が依然として少ないことの課題として、「社会制度の問題」「父親の意識の問題」「職場の意識の問題」の3点が掲げられています。その中で職場環境をクローズアップしているのですが、育休に対して理解がない上司に嫌がらせを受けることをパタニティーハラスメント(パタニティー=父性、父親の意。パタハラ=育児参加をする男性への嫌がらせ)と呼ぶそうです。

う~ん…何でもハラスメント化するなよ!っていうのが私の正直な感想です。

お互いが歩み寄ってベストな形を取ることが理想ですし、そうなると各々の職場環境や個人の人間性の問題ですから、一色単にハラスメントで括ると問題が生じます。

ただ確実なことは、時代は移り変わっていて、男性は仕事だけしていれば良い時代ではなくなってきているということです。根強く文化としてそういった意識が残っている日本社会を変えることは、難しいことです。

father_kids

父子家庭の皆さんは時代の先駆けなのかもしれませんね。どんどん働くイクメンの姿を周囲の方に認知させていってほしいなと思います。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
父子家庭、母子家庭の方が、子育て支援やその他悩みを気軽に相談できたりする場所があるのをご存知でしょうか? 例えば神奈川県川崎市を例に挙げると...
父子家庭 日記
親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」な...
父子家庭 日記
「世間の目」これに悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。 ひとり親に対する世間の目。以前よりは認知が広がってきていますが、未だに「ひとり親...
ニュース
女性タレントとの不倫疑惑を週刊文春に報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員=京都3区=が12日午前、国会内で記者会見し「信なくば立たず。国会議員...