• ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • ニュース
    「子どもの貧困」撲滅へ支援拡充 ソーシャルスクールワーカー増員へ
    2016年1月6日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • ニュース
    男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?
    2016年2月20日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • ニュース
    神奈川知事 子供の貧困「連鎖断ち切る」
    2015年12月28日
  • ニュース
    子供貧困解消に政府が更に動く 職業訓練支援
    2015年12月23日
  • 父子家庭 日記
    メンタルを健康に保つということ
    2015年12月22日

政府は、「パパママ育休プラス」を導入するなど、男性の育児休業を促すための対策を進めてきました。それにもかかわらず、大多数の父親が制度を利用しないのはなぜでしょうか。いくつかの理由が指摘されています。

続きはこちら

育休を取得する父親が依然として少ないことの課題として、「社会制度の問題」「父親の意識の問題」「職場の意識の問題」の3点が掲げられています。その中で職場環境をクローズアップしているのですが、育休に対して理解がない上司に嫌がらせを受けることをパタニティーハラスメント(パタニティー=父性、父親の意。パタハラ=育児参加をする男性への嫌がらせ)と呼ぶそうです。

う~ん…何でもハラスメント化するなよ!っていうのが私の正直な感想です。

お互いが歩み寄ってベストな形を取ることが理想ですし、そうなると各々の職場環境や個人の人間性の問題ですから、一色単にハラスメントで括ると問題が生じます。

ただ確実なことは、時代は移り変わっていて、男性は仕事だけしていれば良い時代ではなくなってきているということです。根強く文化としてそういった意識が残っている日本社会を変えることは、難しいことです。

father_kids

父子家庭の皆さんは時代の先駆けなのかもしれませんね。どんどん働くイクメンの姿を周囲の方に認知させていってほしいなと思います。

  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...