• 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日
  • ニュース
    未婚一人親世帯も「みなし適用」
    2016年5月11日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • ニュース
    子どもの貧困対策は国民全体の利益に
    2016年2月13日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • ニュース
    がんばり過ぎるな“ひとり親”
    2016年2月15日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日

今回のテーマは育児についてです。

ひとり親に限らず、子育ての悩みは尽きません。親子のコミュニケーションがうまく取れずに頭を抱える方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介するのは、子供への伝え方のテクニックです。よろしければぜひお試ししてみてください。

子供に伝わりやすくなる魔法の話し方

【1】否定しない

×「走らないの!」→ ○「歩こうね」

×「もう遊ぶのやめなさい!」→ ○「お昼食べに行こうね」

ダメな行動を指摘するのではなく、親が具体的な言葉で伝えてあげましょう。

【2】命令しない

×「〜しなさい!」→ ○「〜してみようね」「〜してみる?」

命令調は子供が押し付けられた気持ちになりストレスを与えるだけでなく、大人も疲れてしまいます。

【3】気持ちに共感

×「泣かないの!」→ ○「悲しかったんだね」

気持ちに寄り添うと子供に安心感を与えることができます。逆に弱っている時に厳しい言葉を浴びせると傷ついてしまいます。

【4】大人の気持ちを伝える

×「いい子にしてなさい!」→ ○「その方がパパは嬉しいな」「その方がかっこいいと思うな」

大好きなパパママが嬉しいことは子供も嬉しいものです。逆も然り。大人の気持ちをわかりやすく柔らかく伝えてあげることも必要です。

 

いかがでしょうか?ちょっとした言葉の選び方で、子供の捉え方もかなり違うと思います。これは大人通しのコミュニケーションにも当てはまります。この言葉を使ったら相手がどう思うか?自分が言われたらどう思うか?感情に任せず冷静に話ができれば、今より更に良い親子関係が作っていけるのではないでしょうか。

支援情報, 育児の関連記事
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
  • 【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
  • 有効的な時間の作り方
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
父子家庭の再婚活動について書きたいと思います。 シングルパパのみなさん、こんな悩み持っている人いませんか? いずれは再婚したいと思っているけ...
支援情報
こんにちは! 今回は「有効的な時間の作り方」について書きたいと思います。あなたは1日が24時間じゃ足りない!とおもった経験はありませんか?人...
ニュース
政府が「新3本の矢」で掲げる「夢をつむぐ子育て支援」に関して、長沢氏は「生まれ育った環境によって、子どもの将来の可能性が狭められてしまうこと...
未分類
社会問題化している「偽装離婚」。ひとり親家庭の方でしたら大多数の方がご存知で、そうでない方も言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本...
ニュース
近年の需要が高まり流行になっているシェアリング。 シェアハウス、カーシェアリング、ワークシェアリングなど身近なワードになってきていますが、ひ...