• 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親家庭のクリスマス
    2015年12月24日
  • 支援情報
    ひとり親家庭の子供たちを試合に招待!バスケットチーム「埼玉ブロンコス」
    2015年12月29日
  • ニュース
    雪にはしゃぐ父親 Twitter投稿で反響
    2016年1月25日
  • ニュース
    子供貧困解消に政府が更に動く 職業訓練支援
    2015年12月23日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • ニュース
    不倫疑惑の宮崎議員 辞職表明
    2016年2月12日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
    2018年2月1日

今回のテーマは育児についてです。

ひとり親に限らず、子育ての悩みは尽きません。親子のコミュニケーションがうまく取れずに頭を抱える方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介するのは、子供への伝え方のテクニックです。よろしければぜひお試ししてみてください。

子供に伝わりやすくなる魔法の話し方

【1】否定しない

×「走らないの!」→ ○「歩こうね」

×「もう遊ぶのやめなさい!」→ ○「お昼食べに行こうね」

ダメな行動を指摘するのではなく、親が具体的な言葉で伝えてあげましょう。

【2】命令しない

×「〜しなさい!」→ ○「〜してみようね」「〜してみる?」

命令調は子供が押し付けられた気持ちになりストレスを与えるだけでなく、大人も疲れてしまいます。

【3】気持ちに共感

×「泣かないの!」→ ○「悲しかったんだね」

気持ちに寄り添うと子供に安心感を与えることができます。逆に弱っている時に厳しい言葉を浴びせると傷ついてしまいます。

【4】大人の気持ちを伝える

×「いい子にしてなさい!」→ ○「その方がパパは嬉しいな」「その方がかっこいいと思うな」

大好きなパパママが嬉しいことは子供も嬉しいものです。逆も然り。大人の気持ちをわかりやすく柔らかく伝えてあげることも必要です。

 

いかがでしょうか?ちょっとした言葉の選び方で、子供の捉え方もかなり違うと思います。これは大人通しのコミュニケーションにも当てはまります。この言葉を使ったら相手がどう思うか?自分が言われたらどう思うか?感情に任せず冷静に話ができれば、今より更に良い親子関係が作っていけるのではないでしょうか。

支援情報, 育児の関連記事
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
  • 【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
  • 有効的な時間の作り方
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...
ニュース
政府は1日、沖縄県が抱える子どもの貧困問題に関し、県、市町村と意見交換する初の会合を那覇市内で開いた。島尻安伊子沖縄担当相は「現状は非常に深...
父子家庭 日記
親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」な...