• ニュース
    子どもの貧困対策など協議 研究者ら協議会発足
    2015年12月21日
  • 未分類
    新年のご挨拶
    2016年1月1日
  • ニュース
    神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
    2017年1月20日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • ニュース
    貧困問題、データで応酬 首相「日本は裕福な国」
    2016年1月19日
  • 父子家庭 日記
    メンタルを健康に保つということ
    2015年12月22日
  • 父子家庭 日記
    親子共同作業のすすめ 家事編
    2016年2月2日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日

子供の貧困率が深刻化し、高校に進学できなかったり、中退者の増加が懸念されている。厚生労働省の調査では「所得が平均的な世帯の半分を下回る家庭」で暮らす18歳未満の子供の割合は過去最悪の16・3%(6人に1人=2012年時点)で、03年に比べ2・6ポイント悪化。教育・就学支援をせず、貧困家庭の子供をこのまま放置すれば社会的な損失は極めて大きい。困窮世帯の子供が教育の機会を奪われることがないよう、社会全体で支援の手を継続的に差し伸べていかなければならない。

続きはこちら

僕が考えるに、貧困と教育格差の根本って国や各自治体が「教育や子育て支援に割り振る予算が少なすぎる」ことが問題なんじゃないかと思います。何故かというと政策を実行する政治家が「選挙に通らないから」

若者は選挙に関心がなくあまり投票に行かない。高齢者は逆。そうなるとシルバーデモクラシーがどうしても起こってしまう。若者の人数は減り投票に行かない少子高齢化の進む今の現状では、高齢者に隔たった予算編成になってしまう。結局は昔から続く国や自治体の制度が、今の時代に完全に合わない状況になっているのです。

この状況を打開できるような政治家が出てこないと多分大きくは変わらないんじゃないかなーと思います。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
何か特別な事情がない限り、いつまでも父子家庭のままでいい、もう恋愛はしないという方はあまりいないと思います。しかし、現実は子育てや仕事で自分...
父子家庭 日記
2015年もいよいよ年の瀬。 クリスマスがやってきました。 皆さんどのように過ごされるのでしょうか。 お子さんと。家族と。友人同僚と。大切な...
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...