子供の貧困が社会問題化する中、県は新年度当初予算案に支援体制を整備するための準備費用として889万円を盛り込んだ。県内に約1万9000人いる一人親家庭の子供全員を対象に、どのような支援が求められているかを調査し、地域の事情も加味して分析する。具体的な支援の実効性を高めるのが狙いだ。

詳細はこちら

秋田県の動きです。

今声が高まっているうちにしっかり現状を分析する。マネジメントの基本中の基本だし、絶対欠かせないことですね。これをせずして行われる支援なんて机上の空論ですから。

っていうか、国が地方自治体と連携してちゃんとした調査をしなさい!って思います。その為に、貧困の基準をしっかり定める、統一的な調査を実施する、その上で本当に支援を必要としている家庭の推定人員を出し、必要な支援に優先順位をつけ予算化する。既に動いているのであれば活動が見えるように透明化したほうがよいです。

ぜひ国と地方が一体になって、この問題に取り組んでほしいなと思います。