• ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日
  • ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 子供達の成長
    2017年1月17日
  • ニュース
    「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案
    2015年12月7日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭ブログを拝見して思うこと
    2016年1月11日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日

子供の貧困が社会問題化する中、県は新年度当初予算案に支援体制を整備するための準備費用として889万円を盛り込んだ。県内に約1万9000人いる一人親家庭の子供全員を対象に、どのような支援が求められているかを調査し、地域の事情も加味して分析する。具体的な支援の実効性を高めるのが狙いだ。

詳細はこちら

秋田県の動きです。

今声が高まっているうちにしっかり現状を分析する。マネジメントの基本中の基本だし、絶対欠かせないことですね。これをせずして行われる支援なんて机上の空論ですから。

っていうか、国が地方自治体と連携してちゃんとした調査をしなさい!って思います。その為に、貧困の基準をしっかり定める、統一的な調査を実施する、その上で本当に支援を必要としている家庭の推定人員を出し、必要な支援に優先順位をつけ予算化する。既に動いているのであれば活動が見えるように透明化したほうがよいです。

ぜひ国と地方が一体になって、この問題に取り組んでほしいなと思います。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
ニュース
父子家庭は子供と一緒に過ごす時間が非常に短いという調査結果が出ています。 「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%...
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...
父子家庭 日記
「世間の目」これに悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。 ひとり親に対する世間の目。以前よりは認知が広がってきていますが、未だに「ひとり親...
父子家庭 日記
ひとり親となると、あらゆることを自分のチカラで乗り越えていかなければなりません。しかし、どれだけ効率化を図っても、1日の時間は24時間と決ま...