• 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    貧困問題、データで応酬 首相「日本は裕福な国」
    2016年1月19日
  • ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • ニュース
    国会議員「育児休暇」へ
    2015年12月23日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • ニュース
    長野県が貧困ひとり親家庭の受け入れを実施
    2015年12月20日

子供の貧困が社会問題化する中、県は新年度当初予算案に支援体制を整備するための準備費用として889万円を盛り込んだ。県内に約1万9000人いる一人親家庭の子供全員を対象に、どのような支援が求められているかを調査し、地域の事情も加味して分析する。具体的な支援の実効性を高めるのが狙いだ。

詳細はこちら

秋田県の動きです。

今声が高まっているうちにしっかり現状を分析する。マネジメントの基本中の基本だし、絶対欠かせないことですね。これをせずして行われる支援なんて机上の空論ですから。

っていうか、国が地方自治体と連携してちゃんとした調査をしなさい!って思います。その為に、貧困の基準をしっかり定める、統一的な調査を実施する、その上で本当に支援を必要としている家庭の推定人員を出し、必要な支援に優先順位をつけ予算化する。既に動いているのであれば活動が見えるように透明化したほうがよいです。

ぜひ国と地方が一体になって、この問題に取り組んでほしいなと思います。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
最近あるサイトを見て、心に響いた言葉があります。 苦しんで初めて自分の弱さを知る 悩んで初めてやるべきことを知る 泣いて初めて強くなることを...
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...