• ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭に対する世間の目
    2016年1月3日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 恋愛編
    2016年1月10日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
    2018年2月1日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • 父子家庭 日記
    価値観
    2018年1月20日
  • 未分類
    新年のご挨拶
    2016年1月1日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親であることは特別なことじゃない
    2015年12月13日

「子どもの貧困撲滅5カ年計画」事業を展開している市は新年度、事業を拡大・充実する方針を固めた。学校と福祉機関の連絡調整役を担うスクールソーシャルワーカー(SSW)を1人増員し3人体制にして貧困や虐待などの早期発見に努める。栃木県小山市の取り組みです。

詳細はこちら

-shared-img-thumb-150829512346_TP_V

市に専門家を配置して、いつでも父子・母子家庭が相談できる環境を整え、その内容に応じて必要機関に繋ぐパイプ役を行っています。この取り組みは全国でも先駆的なものだそうです。

また支援に関しても、ひとり親の資格取得に向けた講座受講費用の一部給付を現在の経費40%(上限20万円)から拡大。国は専門職の養成学校に通う際の支給支援も進めており、市は国の動向を見ながらそれぞれの給付内容を拡大させる方針だそうです。

こういった情報はどんどん拡散し、他の自治体へも広めてほしいものです。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...
ニュース
政府が「新3本の矢」で掲げる「夢をつむぐ子育て支援」に関して、長沢氏は「生まれ育った環境によって、子どもの将来の可能性が狭められてしまうこと...