「子どもの貧困撲滅5カ年計画」事業を展開している市は新年度、事業を拡大・充実する方針を固めた。学校と福祉機関の連絡調整役を担うスクールソーシャルワーカー(SSW)を1人増員し3人体制にして貧困や虐待などの早期発見に努める。栃木県小山市の取り組みです。

詳細はこちら

-shared-img-thumb-150829512346_TP_V

市に専門家を配置して、いつでも父子・母子家庭が相談できる環境を整え、その内容に応じて必要機関に繋ぐパイプ役を行っています。この取り組みは全国でも先駆的なものだそうです。

また支援に関しても、ひとり親の資格取得に向けた講座受講費用の一部給付を現在の経費40%(上限20万円)から拡大。国は専門職の養成学校に通う際の支給支援も進めており、市は国の動向を見ながらそれぞれの給付内容を拡大させる方針だそうです。

こういった情報はどんどん拡散し、他の自治体へも広めてほしいものです。