• ニュース
    未婚一人親世帯も「みなし適用」
    2016年5月11日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」
    2016年2月22日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • ニュース
    神奈川知事 子供の貧困「連鎖断ち切る」
    2015年12月28日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • 父子家庭 日記
    ひとり親家庭のクリスマス
    2015年12月24日

「子どもの貧困撲滅5カ年計画」事業を展開している市は新年度、事業を拡大・充実する方針を固めた。学校と福祉機関の連絡調整役を担うスクールソーシャルワーカー(SSW)を1人増員し3人体制にして貧困や虐待などの早期発見に努める。栃木県小山市の取り組みです。

詳細はこちら

-shared-img-thumb-150829512346_TP_V

市に専門家を配置して、いつでも父子・母子家庭が相談できる環境を整え、その内容に応じて必要機関に繋ぐパイプ役を行っています。この取り組みは全国でも先駆的なものだそうです。

また支援に関しても、ひとり親の資格取得に向けた講座受講費用の一部給付を現在の経費40%(上限20万円)から拡大。国は専門職の養成学校に通う際の支給支援も進めており、市は国の動向を見ながらそれぞれの給付内容を拡大させる方針だそうです。

こういった情報はどんどん拡散し、他の自治体へも広めてほしいものです。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
何か特別な事情がない限り、いつまでも父子家庭のままでいい、もう恋愛はしないという方はあまりいないと思います。しかし、現実は子育てや仕事で自分...
父子家庭 日記
普段子育てと仕事でなかなか時間が取れない父子家庭ではありますが、たまには時間を作って親子旅なんていかがでしょうか?今日は「親子旅」のすすめに...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
ニュース
政府は1日、沖縄県が抱える子どもの貧困問題に関し、県、市町村と意見交換する初の会合を那覇市内で開いた。島尻安伊子沖縄担当相は「現状は非常に深...
ニュース
湘南モノレールの目白山下駅敷地内にこのほど、小規模保育施設が開園した。同社が敷地の提供、施設の建設を行い、地元NPOが運営を担うもの。駅敷地...