• ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • 支援情報
    有効的な時間の作り方
    2018年1月28日
  • ニュース
    子供貧困解消に政府が更に動く 職業訓練支援
    2015年12月23日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 恋愛編
    2016年1月10日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • ニュース
    安倍首相、イクメン問題で自身の賛否を明言せず
    2016年1月13日
  • ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • ニュース
    子供の貧困 県が調査へ 一人親家庭対象に
    2016年2月29日

安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、自民党の宮崎謙介衆院議員が育児休暇取得を宣言し、議論を起こしている問題に関する所見を問われて、質問した民主党の大西健介議員に対し「一議員として、あなたのように軽々しく答えるわけにはいかない」と、反論した。続きはこちら

 

日本のトップの発言ですから、様々な影響を考慮すれば軽く発言はできないでしょうね。ただ、今後どういう展開になっていくかは注意深く見守りたいです。記事にあるような民主党の質問の仕方は、本当に子供の将来や育児を真剣に考えている発言には到底思えない。単なる失言を引き出す揚げ足取りにしか聞こえないです。

重要なことは、なぜ育児休業に賛否が起こるのか、本質的な問題はどこにあって、どう建設的な議論をして問題を解決していくか、です。

行政のトップである国会議員がそのような行動を取れば社会に与える影響は非常に大きい。簡単に答えは出ないと思いますが、最終的に良い議論が行われ、ベクトルが変わるきっかけになってほしいなと思います。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
父子家庭の再婚活動について書きたいと思います。 シングルパパのみなさん、こんな悩み持っている人いませんか? いずれは再婚したいと思っているけ...
父子家庭 日記
何か特別な事情がない限り、いつまでも父子家庭のままでいい、もう恋愛はしないという方はあまりいないと思います。しかし、現実は子育てや仕事で自分...
父子家庭 日記
ひとり親となると、あらゆることを自分のチカラで乗り越えていかなければなりません。しかし、どれだけ効率化を図っても、1日の時間は24時間と決ま...