• 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日
  • ニュース
    2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
    2017年1月4日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の再婚について
    2015年12月6日
  • ニュース
    がんばり過ぎるな“ひとり親”
    2016年2月15日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • ニュース
    安倍首相、イクメン問題で自身の賛否を明言せず
    2016年1月13日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の悩み 仕事との両立
    2015年11月30日
  • ニュース
    「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
    2017年1月13日
  • ニュース
    家庭より出世のために残業を選ぶ父親たち
    2016年1月5日

父子家庭、母子家庭の方が、子育て支援やその他悩みを気軽に相談できたりする場所があるのをご存知でしょうか?

834feabc91eea200ebc7b813c14f520f_s

例えば神奈川県川崎市を例に挙げると、「すくらむ21」という団体がいろいろ施設提供や悩み相談、セミナー支援等を行っていたりします。こういった心の拠り所、同じような立場・境遇の人とのコミュニティーは非常に大事だと思います。

でも、かなり大多数のシングルパパ・ママさんがこういった施設があることを知らないのが実情ではないでしょうか。今の社会の実情は、ひとり親家庭が近年急激に増え、貧困等で大変な思いをしている人が多いという事実を知っていながら具体的に手を差し伸べていないのです。つまりは他人事。

ひとり親になりたくてなった人は極々わずかで、誰しもが様々な事情を抱え、ひとりでも子供を必死に育てる覚悟を持って父子家庭・母子家庭になっているのです。もっと言えば、今の社会がこういう実態を生み出しているといっても過言ではないかもしれません。

もちろん、一番は自分自身の責任ですから、全てを助けろなんて言うことはできないでしょう。しかし、社会のコミュニティーの中にそうした特別な事情を抱えた人を受け止めてあげる受け皿は絶対に必要なのです。そうした場や声が少しづつでも拡がり、一人でも多くのひとり親さんに支援が届くように節に願っています。

 

 

 

父子家庭 日記の関連記事
  • 理想の人物から見えてくるもの
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
  • 有効的な時間の作り方
  • 子育て 夢の描き方
  • 価値観

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...
父子家庭 日記
皆さんこんにちは。 サイト管理人、syufantazista1110と申します。 私は3年程前に離婚し、父子家庭となりました。子供は中学生...
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...
ニュース
政府は1日、沖縄県が抱える子どもの貧困問題に関し、県、市町村と意見交換する初の会合を那覇市内で開いた。島尻安伊子沖縄担当相は「現状は非常に深...