• ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • ニュース
    厚生労働省 「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始
    2016年1月8日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • ニュース
    子どもの貧困対策など協議 研究者ら協議会発足
    2015年12月21日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭ブログを拝見して思うこと
    2016年1月11日
  • ニュース
    放置せず、継続的な支援を 貧困家庭の子供の教育
    2016年5月13日
  • ニュース
    神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
    2017年1月20日
  • ニュース
    国会議員「育児休暇」へ
    2015年12月23日
  • ニュース
    子どもの貧困で沖縄と意見交換=政府
    2015年12月6日

平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世帯とみなされない家庭も保育料などの優遇が受けられる。

続きはこちら

これは今まで寡夫(婦)控除の適用が「婚姻歴」があることが前提だったので、中にはひとり親にも関わらず控除を受けれない場合があったものを解消した形です。ま~当然の施策ですね。特に女性は未婚の母という方もいらっしゃるでしょうから。

寡夫(婦)控除の適用により保険料が控除などの支援がされるので、少しでも貧困対策の一環になればいいですね。

全国的にはまだ支援を受けれないところが多く、支援の範囲も各自治体の裁量のようです。素早く、的確な支援が行き届くようにしてほしいものです。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
ひとり親というだけで非常に大きい負担がかかりますから、たまの息抜きは非常に重要です。仕事上手な人は息抜き上手と言われるくらい、実は息抜きは大...
父子家庭 日記
親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」な...