平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世帯とみなされない家庭も保育料などの優遇が受けられる。

続きはこちら

これは今まで寡夫(婦)控除の適用が「婚姻歴」があることが前提だったので、中にはひとり親にも関わらず控除を受けれない場合があったものを解消した形です。ま~当然の施策ですね。特に女性は未婚の母という方もいらっしゃるでしょうから。

寡夫(婦)控除の適用により保険料が控除などの支援がされるので、少しでも貧困対策の一環になればいいですね。

全国的にはまだ支援を受けれないところが多く、支援の範囲も各自治体の裁量のようです。素早く、的確な支援が行き届くようにしてほしいものです。