• ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • ニュース
    子供の貧困 県が調査へ 一人親家庭対象に
    2016年2月29日
  • ニュース
    政府 来年度児童扶養手当を倍増へ
    2015年12月16日
  • 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • 健康
    【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
    2018年2月3日
  • ニュース
    公明党 ひとり親支援充実を
    2016年1月9日
  • 父子家庭 日記
    理想の人物から見えてくるもの
    2018年2月2日
  • ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日
  • ニュース
    貧困問題、データで応酬 首相「日本は裕福な国」
    2016年1月19日

平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世帯とみなされない家庭も保育料などの優遇が受けられる。

続きはこちら

これは今まで寡夫(婦)控除の適用が「婚姻歴」があることが前提だったので、中にはひとり親にも関わらず控除を受けれない場合があったものを解消した形です。ま~当然の施策ですね。特に女性は未婚の母という方もいらっしゃるでしょうから。

寡夫(婦)控除の適用により保険料が控除などの支援がされるので、少しでも貧困対策の一環になればいいですね。

全国的にはまだ支援を受けれないところが多く、支援の範囲も各自治体の裁量のようです。素早く、的確な支援が行き届くようにしてほしいものです。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
未分類
皆様、新年あけましておめでとうございます! 2016年、スタートしましたね! 昨年年末にかけて、ひとり親家庭に関する貧困へ向けての支援に対し...
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...
支援情報
母子家庭ほどではないにせよ、父子家庭も収入が少なく、貯蓄もままならない、という方は少なくありません。日本全体では、相対貧困率が16.1%、母...