• 父子家庭 日記
    サイト立ち上げにあたりまして。
    2015年11月29日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 子育て編
    2016年1月7日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • ニュース
    不倫疑惑の宮崎議員 辞職表明
    2016年2月12日
  • ニュース
    ひとり親家庭、メール相談 昼夜問わず、受付が可能
    2016年10月14日
  • ニュース
    育休宣言の自民・宮崎氏、長男誕生で「父の自覚」
    2016年2月8日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の悩み 仕事との両立
    2015年11月30日
  • 父子家庭 日記
    子育て 夢の描き方
    2018年1月26日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日

「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案

県子どもの貧困対策・ひとり親家庭自立促進推進委員会(委員長・国方敬司山形大人文学部教授)の2015年度第2回会合が26日、山形市のあこや会館で開かれ、県が子どもの貧困対策推進計画(16~20年度)とひとり親家庭自立促進計画(同)の骨子案を提示。就労相談に応じる母子家庭等就業・自立支援センターの機能を拡充し、ひとり親家庭の生活、子育てなど幅広い相談に対応する「ひとり親家庭応援センター」(仮称)を新たに設置する考えを示した。

続きはこちら

山形市での動き。こういった支援はどんどん自治体レベルでやっていくべきですね。ただ、財源の確保が難しく予算が取れないというのが恐らくは本音でしょう。自治体はまずは本当の貧困家庭の状況、ひとり親家庭の状況をもっと知るところから動いてほしい。数字だけでなく、本当のひとり親家庭の声をきちんと聞いてほしい。そして、ひとり親家庭の方もしっかり声を上げてほしい。子供たちのためにも。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
未分類
社会問題化している「偽装離婚」。ひとり親家庭の方でしたら大多数の方がご存知で、そうでない方も言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本...
ニュース
政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳...
父子家庭 日記
人間ってホントメンタルの生き物だなって、最近つくづく思います。 自分の周りでは生きている間、様々な出来事が起きますが、起きること全てにおいて...