• ニュース
    神奈川県 ひとり親家庭 年収200万円未満44% 預貯金ゼロ33%
    2015年12月9日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
    2018年2月1日
  • 父子家庭 日記
    親子共同作業のすすめ 家事編
    2016年2月2日
  • 父子家庭 日記
    心の拠り所
    2015年12月12日
  • ニュース
    子供の貧困 県が調査へ 一人親家庭対象に
    2016年2月29日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • ニュース
    貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針
    2017年1月6日
  • ニュース
    子どもの貧困対策など協議 研究者ら協議会発足
    2015年12月21日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日

「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案

県子どもの貧困対策・ひとり親家庭自立促進推進委員会(委員長・国方敬司山形大人文学部教授)の2015年度第2回会合が26日、山形市のあこや会館で開かれ、県が子どもの貧困対策推進計画(16~20年度)とひとり親家庭自立促進計画(同)の骨子案を提示。就労相談に応じる母子家庭等就業・自立支援センターの機能を拡充し、ひとり親家庭の生活、子育てなど幅広い相談に対応する「ひとり親家庭応援センター」(仮称)を新たに設置する考えを示した。

続きはこちら

山形市での動き。こういった支援はどんどん自治体レベルでやっていくべきですね。ただ、財源の確保が難しく予算が取れないというのが恐らくは本音でしょう。自治体はまずは本当の貧困家庭の状況、ひとり親家庭の状況をもっと知るところから動いてほしい。数字だけでなく、本当のひとり親家庭の声をきちんと聞いてほしい。そして、ひとり親家庭の方もしっかり声を上げてほしい。子供たちのためにも。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
近年の需要が高まり流行になっているシェアリング。 シェアハウス、カーシェアリング、ワークシェアリングなど身近なワードになってきていますが、ひ...
父子家庭 日記
私自身も父子家庭の身ですので、他の父子家庭の皆さんがどうやって生活されているかは非常に興味があり、よくブログを拝見させて頂いております。様々...
父子家庭 日記
最近あるサイトを見て、心に響いた言葉があります。 苦しんで初めて自分の弱さを知る 悩んで初めてやるべきことを知る 泣いて初めて強くなることを...
ニュース
湘南モノレールの目白山下駅敷地内にこのほど、小規模保育施設が開園した。同社が敷地の提供、施設の建設を行い、地元NPOが運営を担うもの。駅敷地...