父子家庭における各種支援案内・悩み解決 お役立ち情報ブログ

児童手当

これはひとり親家庭に限った話ではありませんが、0歳から15歳国内に住所がある児童を対象に児童手当が支給されます。終了は中学校終了の3月末までとなります。

対象年齢 支給額(月額)
0歳から3歳未満 一律15,000円
3歳から小学校修了まで 10,000円(第1子・第2子)第3子以降15,000円
中学生一律 10,000円
所得制限世帯(約960万円以上) 5,000円

児童手当は、4ヶ月毎に2月・6月・10月の年計3回、毎月11日前後に支給されます。

児童手当は毎年必ず条件を満たしているか現況届を提出する必要があり、その年の6月1日の状況を書くものです。前年の所得の状況と6月1日現在の児童の養育状況等を確認します。多くの自治体は、現況届の用紙は6月上旬にご自宅に郵送されて、6月末までに現況届を提出する必要があります。ただ、この期日は自治体によって異なるのでちゃんと確認してください。

また児童手当には所得制限があり、以下の内容になっています。

扶養親族等の数 所得額 収入の目安金額
0人 630万円 833.3万円
1人 668万円 875.6万円
2人 706万円 917.8万円
3人 744万円 960万円
4人 782万円 1002.1万円
以降ひとり増すごと 38万円を加算します

この表には、社会保険料及び生命保険料控除相当額として、所得から一律に控除される8万円が加えてあります。
(国の児童手当の所得制限限度額表のPDFがこちらです。こちらの国の表は所得に8万円は加えてません)

 

父子家庭でいう「扶養親族等の数」とは、子どもや親、兄弟で年間所得が38万円以下で生計をともにしている人数と血は繋がっていないが、養育している子どもの合計の人数をいいます。

たとえば、父子家庭において、小学生の子ども2人を養育していて、本人の母親も同居しているというケース。母親に所得はあるが年間所得が38万円以下という場合には、扶養親族等の人数は、3人になります。もし、母親が年間所得38万円を超えていれば扶養親族等の人数は2人になります。

上記表の扶養親族等の数が「0人」というのは、現在は子どもが生まれているが、昨年の12月31日時点において生まれていなかった場合には扶養人数には算入しません。そのため、他に扶養親族等がいなければこういうケースは「0人」になります。ですので父子家庭においては関係ありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

■管理人プロフィール

性別:男
中学生、小学生男子2児のシングルファーザー サイトの作成ド初心者です
アメブロでもブログで父子家庭の情報を発信しています。 【とある父子家庭の頑張らないブログ】

ランキング参加中

  • facebook
  • twitter

facebookリンク

PAGETOP
Copyright © 頑張る父子家庭 支援・応援ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.