父子家庭における各種支援案内・悩み解決 お役立ち情報ブログ

ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度とは

父子・母子家庭等の経済的負担を軽減するため、親又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度です。各自治体の役所ホームページ等で案内があります。

-shared-img-thumb-OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

ひとり親家庭の定義

次のいずれかに該当する家庭をいいます。

  • 父母が婚姻を解消した(法律婚だけでなく事実婚も含みます)
  • 父又は母が死亡した
  • 父又は母に一定の障害がある
  • 父又は母の生死が明らかでない
  • 父又は母に児童が1年以上遺棄されている
  • 父又は母が裁判所から配偶者からの暴力(DV)で保護命令を受けた
  • 父又は母が1年以上拘禁されている
  • 母が婚姻によらないで懐胎した
  • 父母死亡、父又は母が児童を監護しない

ひとり親家庭で上記のいずれかに該当し、制度のある自治体にお住まいで、且つ医療保険(国民健康保険、社会保険、共済組合等)に加入していることが必要となります。また児童扶養手当に準じた所得制限もありますので、一定の所得のがある方は制度を受ける対象外となります。

対象となる方

ひとり親家庭等の18歳年度末までの児童(一定の障害がある児童は20歳未満まで)とその母(父)又は養育者

  • 母子家庭の場合…児童と児童を監護する母
  • 父子家庭の場合…児童と児童を監護し、生計を同じくする父
  • 養育者家庭の場合…児童と児童を監護する養育者(1人)
  • 父又は母が一定の障害の状態にある場合…児童と児童を監護する母または父

(1人(原則として障害の状態にない父又は母))

対象とならない方

  1. 生活保護などを受けている方
  2. 小規模住居型児童養育事業者又は里親に養育されている方
  3. 児童福祉施設(母子生活支援施設を除く)等の施設に入所をしている方
  4. 市町村の乳幼児医療費助成制度又は重度心身障害者医療費助成制度に登録されている方

助成の対象となる医療

医療機関において入院・通院をした際に支払う医療保険の一部負担金の額です。医療費・薬剤費・治療用装具などの一部負担金が該当します。入院時の食事療養標準負担額は助成の対象ではありません(助成対象としている市町村もあります)。

なお、次の給付等がある場合には、一部負担金からその額を控除した金額を助成します。

  • 一部負担金に対して医療保険から本人に支給された額
    例)高額療養費、附加給付など
  • 法令や他の制度(公費負担医療制度など)により支給された額
    例)結核児童の療育医療、独立行政法人日本スポーツ振興センター法に基づく災害共済給付など

尚、保険の適用がない治療やサービスは対象外となります。(紙おむつ、予防接種、薬の容器入れなど)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

■管理人プロフィール

性別:男
中学生、小学生男子2児のシングルファーザー サイトの作成ド初心者です
アメブロでもブログで父子家庭の情報を発信しています。 【とある父子家庭の頑張らないブログ】

ランキング参加中

  • facebook
  • twitter

facebookリンク

PAGETOP
Copyright © 頑張る父子家庭 支援・応援ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.