ひとり親家庭等日常生活支援事業

母子家庭、父子家庭、寡婦の方で、技能習得のための通学・就職活動等の自立促進や疾病・残業等で一時的に保育や家事・介護を必要とする場合に、家庭生活支援員を派遣したり、家庭生活支援の居宅で保育するなど、その生活を支援します。

平成26年度からは恒常的に発生する残業などにも利用目的の範囲を拡大するほか、自立のために必要な事由でやむを得ない場合、利用時間数(月40時間上限)を拡大し、家庭生活支援員の派遣を行っています。

サービス内容
(1)生活援助・・・対象家庭の居宅における食事や身の回りの世話、住居の掃除、生活必需品の買物、医療機関等との連絡、乳幼児の保育

(2)子育て支援・・・家庭生活支援員の居宅等における乳幼児の保育

地域に応じて内容に違いがある場合がありますので、各自治体にご確認ください。