• ニュース
    母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
    2017年1月12日
  • ニュース
    育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?
    2016年2月4日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
    2018年2月6日
  • 人生を変える考え方
    【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
    2018年1月31日
  • ニュース
    子供の貧困 県が調査へ 一人親家庭対象に
    2016年2月29日
  • ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • ニュース
    男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定
    2015年12月26日
  • 健康
    【健康】#1 ひとり親における健康的課題について
    2018年2月3日

マイナビニュースでシングルマザー視点で住みやすい街と、引っ越す際にチェックするポイントが掲載されています。

記事はこちら

dakko_papa_girl

記事を読んでいくと、基本的なチェックすべきポイントはシングルファーザーもシングルマザーも変わりませんが、やはり若干違う点があります。

父子家庭の場合、ある程度収入のある方でしたらそんな簡単に仕事を変えて住みよい街に行くなんてできません。余程良い話がない限りは転職はリスクを伴います。収入が激減してしまう可能性も高い。

なので、「仕事と子育ての両立ができる環境」があることが一番優先順位が高い方が多いのではないかと思います。

ただ、島根のように支援を充実させて人を呼び込み地方活性化を図る自治体もあります。転居費を負担してくれたり、車を支給してくれたりしますので、現在の各々の状況と照らし合わせてWin-Winなのであれば手厚い支援の地方に行くことも視野に入れるべきですね。

ただ、どの支援にもいえることですが、ひとり親でしっかり経済的にも養育的にも自立していくことが前提でなくてはなりません。

公共の支援をうまく活用して、生活のベースを築くきっかけにしていきましょう。

ニュース, 支援情報の関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
父子・母子家庭、ひとり親というとネガティブな話題が多いですね。ポジティブな話題を発信しようと思い、いろいろネットを検索していましたが……本当...
父子家庭 日記
こんばんは!お久しぶりです。 しばらく更新できていませんでしたが、また少しづつ再開していきますのでよろしくお願いします! 2018年 新しい...
父子家庭 日記
2015年もいよいよ年の瀬。 クリスマスがやってきました。 皆さんどのように過ごされるのでしょうか。 お子さんと。家族と。友人同僚と。大切な...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...