• ニュース
    沖縄県の子どもの貧困対策に10億円計上 政府
    2016年2月3日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • ニュース
    子育てシェアハウスについて
    2016年2月1日
  • ニュース
    「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案
    2015年12月7日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • ニュース
    ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県
    2016年2月16日
  • ニュース
    “貧困の連鎖”防ぐ ひとり親 就労を支援
    2016年1月17日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の楽しみ方 恋愛編
    2016年1月10日
  • 支援情報
    父子家庭 お金の管理について
    2016年1月15日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日

親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」なんて良く言い聞かせたりした経験は皆さんお有りだと思います。

でも、そういう親の皆さんはその子の年齢時にきちんと将来を見据えて生活できていたでしょうか?そうでない方もかなり多いのではないでしょうか。

子供だけの力ではまだ知見も狭く限界がありますから、何で夢を持つことが大切なのかをしっかり説明してあげる必要があります。

なぜ夢を持てと言うのか

なぜ夢を持つことが大切なのか。それは【目標を明確にすることで、生き甲斐を持って前向きに生活していけるから】です。そのための努力や鍛錬こそが、社会の中でも強く生き抜くために必要なスキルになっていきます。そして、それは親から言われるのではなく【自分の意思で強く願ってこそ価値があること】です。親が子供にすべきことは夢を持てと口を酸っぱくして言い続けることではなく、環境を整えてあげることだと考えます。

夢の描き方

大切なのは、自分にとって大切なものや考え方は何か。子供自身が自分を知ることが必要です。有効的な手段として、【紙に想いを書き出してみる】【口に出して誰かに伝える】などがあります。自分の想いを見える化することで形に残すのです。そうすると思考の整理ができます。

整理ができると、自分にとって価値のある事柄がはっきりしてきます。そこまでいけば、将来こうなりたい!というビジョンも生まれてきます。

大人もなかなかこういった思考の整理は難しいものです。子供の将来についてお悩みの方がいましたら、時間をとって子供と一緒に夢を描いてみてはいかがでしょうか?きっと前向きな気持ちになれると思います。

 

父子家庭 日記の関連記事
  • 理想の人物から見えてくるもの
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと
  • 有効的な時間の作り方
  • 子育て 夢の描き方
  • 価値観

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
支援情報
ひとり親というだけで非常に大きい負担がかかりますから、たまの息抜きは非常に重要です。仕事上手な人は息抜き上手と言われるくらい、実は息抜きは大...
父子家庭 日記
親なら誰でも悩む子供の将来について。親は子供に幸せになって欲しいですから、「将来何になりたいか考えときなよ!」「夢を持つことが大事だぞ!」な...