• ニュース
    貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
    2017年1月11日
  • ニュース
    「応援センター」設置、ひとり親家庭の相談に対応 県推進委が計画骨子案
    2015年12月7日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日
  • ニュース
    ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談
    2016年3月3日
  • 支援情報
    父子家庭もたまには息抜きを
    2016年1月14日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日
  • ニュース
    子供貧困解消に政府が更に動く 職業訓練支援
    2015年12月23日
  • ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • ニュース
    シングルが住みやすい街は? 引越しするときにチェックしたいポイント
    2016年1月28日

政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳細はこちら

bsPP_machiwomiorosuoyako (2)

2人目が現状5,000円のところを倍額の1万円に。3人目以降は現状3,000円のところを6,000円にする方向で、この引き上げに伴い100億円の国費が発生するとのこと。また、地方自治体でも200億円の負担増となります。

これに関しては子供の貧困問題への対応策としての調整、また安倍政権が掲げた「1億総活躍社会」の実現に向けた緊急対策に「児童扶養手当の機能の充実」が入っていて、それが具現化させる模様です。

多少なり支援が拡充することに関してはひとり親家庭にとってプラス要素ですね。しかし、根本的な要因である少子化対策であったり、子育てをしやすい環境整備、社会制度構築にもっと力を入れて投資するべきと考えます。そうでないと、「バラマキ政策」と思われても仕方ないですね。

もう少しどういう形の支援であれば問題が改善されるかをよく議論してほしいのが本音。逆に言えばこの支援で貧困問題がどういう理屈で解決されるのかを説明できるか?という話ですね。正直倍増されても多少助かる程度で大きく変わるとは思えないな~。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
今日は私の家庭のお話。長男(高1)次男(中1)と一緒に暮らしている父子家庭です。 昨年はダブル卒業・ダブル入学で1月~3月は受験やら新生活準...
ニュース
平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世...
父子家庭 日記
ひとり親となると、あらゆることを自分のチカラで乗り越えていかなければなりません。しかし、どれだけ効率化を図っても、1日の時間は24時間と決ま...
父子家庭 日記
私自身も父子家庭の身ですので、他の父子家庭の皆さんがどうやって生活されているかは非常に興味があり、よくブログを拝見させて頂いております。様々...
父子家庭 日記
あなたにとっての理想の人物は誰ですか? 職場の上司・偉人・歴史人物・先輩など人それぞれかと思います。私にとっての一番のあこがれの存在は「自分...