• ニュース
    改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず
    2016年5月12日
  • ニュース
    安倍首相、イクメン問題で自身の賛否を明言せず
    2016年1月13日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 親子旅のすすめ
    2016年1月29日
  • 父子家庭 日記
    父親の威厳とは
    2016年1月21日
  • 支援情報
    【育児】#1 子供に伝わりやすくなる魔法の話し方とは?
    2018年2月4日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭 子供達の成長
    2017年1月17日
  • ニュース
    「ひとり親を救え!」運動はなぜ炎上したのか
    2016年2月9日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭ブログを拝見して思うこと
    2016年1月11日
  • 父子家庭 日記
    親子共同作業のすすめ 家事編
    2016年2月2日
  • ニュース
    困窮、進学の足かせ 松山市ひとり親家庭
    2015年12月30日

政府が、ひとり親家庭に支給されている児童扶養手当に関し、来年度からの2人目以降分の支給額倍増に向け調整に入ったというニュースが流れました。詳細はこちら

bsPP_machiwomiorosuoyako (2)

2人目が現状5,000円のところを倍額の1万円に。3人目以降は現状3,000円のところを6,000円にする方向で、この引き上げに伴い100億円の国費が発生するとのこと。また、地方自治体でも200億円の負担増となります。

これに関しては子供の貧困問題への対応策としての調整、また安倍政権が掲げた「1億総活躍社会」の実現に向けた緊急対策に「児童扶養手当の機能の充実」が入っていて、それが具現化させる模様です。

多少なり支援が拡充することに関してはひとり親家庭にとってプラス要素ですね。しかし、根本的な要因である少子化対策であったり、子育てをしやすい環境整備、社会制度構築にもっと力を入れて投資するべきと考えます。そうでないと、「バラマキ政策」と思われても仕方ないですね。

もう少しどういう形の支援であれば問題が改善されるかをよく議論してほしいのが本音。逆に言えばこの支援で貧困問題がどういう理屈で解決されるのかを説明できるか?という話ですね。正直倍増されても多少助かる程度で大きく変わるとは思えないな~。

ニュースの関連記事
  • 【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
  • 神奈川県調査 ひとり親家庭 年収200万未満4割超
  • 「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと
  • 母を自殺で失った25歳が、「子どもの貧困」対策センターを立ち上げるまで
  • 貧困家庭への入学応援金10倍2000人に拡大
  • 貧困家庭の学習支援に2億2千万円 大阪市が予算計上へ 29年度から対策事業実施方針

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
生労働省は、配偶者と死別・離婚した寡婦(寡夫も同じ、以下略)への経済的支援の一部を、未婚のひとり親も受けられるよう、六月から政令などを改正す...
未分類
社会問題化している「偽装離婚」。ひとり親家庭の方でしたら大多数の方がご存知で、そうでない方も言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本...