• 未分類
    横浜市瀬谷区 HPでひとり親家庭支援
    2017年1月19日
  • ニュース
    【支援情報】ひとり親支援 未婚に拡大
    2018年2月5日
  • ニュース
    子育てシェアハウスについて
    2016年2月1日
  • ニュース
    神奈川県 ひとり親家庭 年収200万円未満44% 預貯金ゼロ33%
    2015年12月9日
  • ニュース
    安倍首相、イクメン問題で自身の賛否を明言せず
    2016年1月13日
  • ニュース
    ひとり親に時間の貧困 育児や仕事に追われる
    2016年1月4日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭ブログを拝見して思うこと
    2016年1月11日
  • 父子家庭 日記
    父子家庭の悩み 仕事との両立
    2015年11月30日
  • ニュース
    父子家庭 子供と一緒に過ごす時間
    2016年1月6日
  • ニュース
    子育て支援 駅敷地内に初の保育施設
    2016年1月18日

【人生を変える考え方シリーズ】を今回もお届けします。

#2の今回は意識付けのために、実際私が実践しているめっちゃ簡単なことをご紹介します。誰でもできるし、今すぐにできます。もしよければ、皆さんの参考になればこれほど嬉しいことはないですね!

意識するためには意識付けが重要というテーマで前回はブログを書きました。でもここからが難関で、頭でわかっていても行動できない人って凄く多いですよね?それは大きく2つの要因があると思っています。

①ビジョンが明確になっていない

まずはこれ。何で変わりたいのか、変わった未来がどういう姿の自分なのか、その結果自分は何が得られるのかがハッキリしていないと、何をしたらいいのか迷って行動できません。

②行動する仕組みを作れていない

頭でわかっていても続かない人はこのパターン。具体的に実現するためにどうするか?を明確にして、日常生活に仕組みとして自然に落とし込むということができていない。俗に言うルーティンというやつを構築できていないということですね。

 

では、私が意識付けのために実践していること。それは、

「アプリを最大限活用すること」

今の時代、これを使わない手はないですね。自分の実現したいことをサポートしてくれるアプリが世の中にはたくさんあるのです。例として1つご紹介します。

Pinterest

このアプリは興味のあること、趣味などテーマ別の画像コレクションを作成し管理することができるツールです。例えば私はマーケティング力を身につけたいので、以下のような画像をコレクションしています。

いつでも必要な時に引き出しから知識を取り出すことができます。私にとってはノウハウを蓄積していける大事なツールですね。

こんなところ行ってみたいなー!っていう画像も収集しています(笑)世界中を見て回ることも私が実現したいことの1つですから、コレクションがモチベーションになります。

 

これ以外にもいくつかアプリをうまく活用して、実現したい未来へ向けて具体的に進めるように工夫しています。アプリですと忘れないようにプッシュ通知をしてくれたりもしますから、仕組みとしてはかなり有効です。無料のものもたくさんありますしね。

 

ぜひ皆さんの行動を後押しするアプリを探し出して、有効活用してみてください!変わっていく自分を可視化できたら、人生楽しくなること間違いなしですよ!

 

次回#3は「シンプル思考を身につける」をお届けします。

  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯4 努力は人を裏切らないは誤り?
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯3 シンプル思考を身につける
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯2 意識付けのために私がしているたった1つのこと
  • 【人生を変える考え方シリーズ】♯1 行動に移すために必要なこと

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
父子家庭 日記
最近あるサイトを見て、心に響いた言葉があります。 苦しんで初めて自分の弱さを知る 悩んで初めてやるべきことを知る 泣いて初めて強くなることを...
ニュース
自民党の男性国会議員が妻の出産に合わせて「育児休暇」を取る意向を示し、自民党内などで様々な意見が出ている。詳細はこちら 現状国会議員に育児休...
父子家庭 日記
父子・母子家庭、ひとり親というとネガティブな話題が多いですね。ポジティブな話題を発信しようと思い、いろいろネットを検索していましたが……本当...
父子家庭 日記
あなたにとっての理想の人物は誰ですか? 職場の上司・偉人・歴史人物・先輩など人それぞれかと思います。私にとっての一番のあこがれの存在は「自分...