父子家庭における各種支援案内・悩み解決 お役立ち情報ブログ
  • サイトについて
  • 悩み解決
  • ブログ

ブログ

放置せず、継続的な支援を 貧困家庭の子供の教育

子供の貧困率が深刻化し、高校に進学できなかったり、中退者の増加が懸念されている。厚生労働省の調査では「所得が平均的な世帯の半分を下回る家庭」で暮らす18歳未満の子供の割合は過去最悪の16・3%(6人に1人=2012年時点 …

改正児童扶養手当法 恩恵ひとり親世帯4 第1子は増額されず

所得の低いひとり親家庭などに支給する児童扶養手当について、二人目以降の子どもの加算額を最大で月一万円に倍増させる改正児童扶養手当法は二日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。政府は子どもの貧困対策の柱の一つに位置付け、 …

PK2016050302100051_size0

未婚一人親世帯も「みなし適用」

平塚市は、未婚の一人親世帯は適用の範囲外である「寡婦(夫)控除」について、市の9事業で「みなし適用」を開始する。4月27日に発表した。寡婦世帯とみなされない家庭も保育料などの優遇が受けられる。 続きはこちら これは今まで …

ひとり親家庭、支え厚く 家庭教師や悩み相談

東京都内の自治体がひとり親家庭への支援を強化している。江戸川区は家庭教師を派遣し暮らしぶりのチェックに役立てるほか、足立区は親が気軽に情報交換できる場を設ける。家庭状況の把握に一歩踏み込み、自立を後押しする狙い。 詳細は …

子供の貧困 県が調査へ 一人親家庭対象に

子供の貧困が社会問題化する中、県は新年度当初予算案に支援体制を整備するための準備費用として889万円を盛り込んだ。県内に約1万9000人いる一人親家庭の子供全員を対象に、どのような支援が求められているかを調査し、地域の事 …

フィンランドの切れ目のない家族支援「ネウボラ」

フィンランドでは、どの自治体にも「ネウボラ」という子育て支援を行う施設がある。ネウボラとは、フィンランド語で“ネウボ(neuvo)=アドバイス”“ラ(la)=場所”という意味。妊娠から出産、子どもが生まれた後も基本的には …

男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?

時事通信の2月の世論調査で、男性国会議員が育児休暇を取得することの是非について聞いたところ、「支持しない」が53.2%と過半数を占め、「支持する」の39.4%を上回った。育休取得を宣言していた宮崎謙介前衆院議員(議員辞職 …

0160212at21_p

ひとり親支援、全国初パッケージ化-山形県

吉村美栄子知事は12日、2016年度予算案の県議会への内示後、臨時記者会見に臨み、思い入れのある施策として、自らが提唱し主導してきた森林資源を地域活性化に生かす「やまがた森林(モリ)ノミクス」のほか、新たに始める一人親家 …

friends_mamatomo
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

■管理人プロフィール

性別:男
中学生、小学生男子2児のシングルファーザー サイトの作成ド初心者です
アメブロでもブログで父子家庭の情報を発信しています。 【とある父子家庭の頑張らないブログ】

ランキング参加中

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 頑張る父子家庭 支援・応援ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.