父子家庭における各種支援案内・悩み解決 お役立ち情報ブログ

ひとり親家庭 高卒認定試験

ひとり親家庭の収入など生活水準は非常に厳しいデータが出ており、子供の貧困が社会問題化しています。

ひとり親家庭収入等の実態はこちら

貧困連鎖

この負の連鎖はなんとか断ち切らなければならないのです。

様々なひとり親がいると思いますが、学歴が中卒・高校中退等で思うように就職できないような方、就職を真剣に考えている方、社会人で試験資格や進学を考えている方は高卒認定試験をおすすめします。

高校中退等の収入への影響

高校中退・中卒者の正社員への雇用は約3割に留まっているのが現状です。残りの7割は非正規雇用で、職種も職人といわれるものやサービス業、女性だと水商売というようなものが多くなってしまっています。

年収は200万~300万と言われており、ひとり親で子供を養いながら生活していくには非常に厳しい収入です。また高校卒業の割合は全体の95%以上あることを考えると、就職活動におけるスタート時点で非常に不利な条件になってしまうと言わざる得ません。

高卒認定試験とは?

高卒認定試験とは文部科学省が実施する試験で、昔は大検と言われていました。高校卒業と同等以上の学力を国が認定する試験なので、就職や進学の際に多少有利な情報を提示することができるようになります。

■特徴

合格すると専門学校、大学に進学が出来ます

16歳以上であれば誰でも受験が出来ます

高校中退者は受験科目の免除も可能

高卒以上の資格も受験出来ます

年2回(8月11月)試験があります

試験の特徴

最大8~9科目受験

1度合格した科目は次回以降受ける必要なし

何回受けても大丈夫。1度に全科目合格する必要なし

・高校中退の単位が活かせる

高校の単位に活かせる(各学校によって異なる)

定時制高校・通信制高校と比べると、時間を大幅に短縮でき費用を極力抑えることができるため、ひとり親家庭にとってはありがたい制度です。

bsPAK75_tewotunaidekanban20130323

ひとり親家庭への支援

福井県ではひとり親がより良い条件で就職や転職ができるよう、県は高卒認定試験合格講座の受講費を一部給付する「学び直し」支援制度を設けました。認定試験に合格すれば、講座受講費の6割(上限15万円)が支給されるそうです。

各自治体でひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業という活動を行っています。支援額はそれぞれ違いますので、確認してください。

学習を支援する通信講座などは20万円以上の費用が掛かる場合もあり、収入の厳しいひとり親にとってこれを補うことは非常に難しいのです。なので自治体の支援制度をうまく活用してください。

高等学校卒業程度認定試験 詳しくはこちら

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

■管理人プロフィール

性別:男
中学生、小学生男子2児のシングルファーザー サイトの作成ド初心者です
アメブロでもブログで父子家庭の情報を発信しています。 【とある父子家庭の頑張らないブログ】

ランキング参加中

  • facebook
  • twitter

facebookリンク

PAGETOP
Copyright © 頑張る父子家庭 支援・応援ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.